office製品での入稿について

Office製品での入稿について

Microsoft Office(WORD・EXCEL・Power Point)で作られたデータは家庭用のインクジェットプリンタ等のように直接印刷することはできません。

印刷するためには印刷に適したデータに変換を行う必要があります。

変換した際にどうしても元のデータとは表現が変わってしまい再現できない場合がございます。

データの作成は、弊社テンプレートをご利用ください

→テンプレート一覧へ

ご入稿は、印刷用のofficeデータとカンプ用のJPG画像が必要です。1つのフォルダにまとめてzipしてください。

officeでの印刷はJPEGを再現しての印刷となります。

カンプJPG画像は弊社指定の方法で作成をお願いします。

カンプ用JPG画像の作り方 >

カンプ用JPG画像を作成する時は、テンプレートの内側にある青いガイド線は削除してください。

1.色の変換について

カラーを指定する場合、Office系アプリケーションでは全て光の三原色であるRGBで指定しますが、印刷用データでは、色の三原色であるシアン・マゼンタ・イエローにブラックを追加したCMYKで指定します。

この2種類のカラースペースの特性上、RGBの方が表現可能域が広い為、印刷用データに変換してCMYKにする際、特に彩度の高い色で激しく色相が変わり、くすんだ感じになってしまいます。

これは、RGBでカラーを設定するOfficeから印刷物を作成する場合、避けられない問題です。

当社では可能な限りの再現に努めておりますが、再現性の限界がある事をご了承ください。

2.対応環境・アプリケーション

Windows版のみの対応となります、Macintosh版は対応外となります。

※Windows版のofficeデータでも対応していないデータもございます。

3.フォントについて

当社の対応フォントはWindowsとOfficeに標準で付属しているフォントとなります。

国内メーカー製のパソコンにはさまざまなソフトが入っていますが、それらのソフトに付属しているフォントは対応外となりますのでご注意ください。

当社に同じフォントがない場合は異なるフォントに置き換えられてしまいます。置き換えられることにより、文字切れやレイアウトが崩れてしまう可能性があります。

○Wordで作成される場合は必ず下記の操作を行って下さい。

  • ■フォントの埋め込み
    「ツール」メニュー →「保存オプション」を開き「TrueTypeフォントを埋め込む」にチェックを入れて保存。

○PowerPointで作成される場合は必ず下記の確認を行って下さい。

  • 1.使用可能なフォントを確認
    「書式」メニュー → 「フォントの置換」を開き「置換前のフォント」を確認。
    フォント名の前に「?」がついているフォントは使用出来ませんので「?」以外のフォントを使用してください。
    2.フォントの埋め込み
    「ツール」メニュー →「保存オプション」を開き「TrueTypeフォントを埋め込む」にチェックを入れて保存。

4.用紙サイズについて

作成しましたデータの大きさは「ファイル」メニューの「ページ設定」でご確認ください。

はがきのサイズは148mmx100mmとなりますので、作成の際は塗り足し分を含めた154mmx106mmでのサイズ指定でお願いします。

→テンプレート一覧へ

■WORDの設定画面

「ファイル」メニューの「ページ設定」を選択した後、
「用紙」タブに切り替え、「用紙サイズ」のリストの中からご希望のサイズを選択するか、
「幅」と「高さ」に直接入力してページ設定をします。

■PowerPointの設定画面

新規でスライドを作成した状態のサイズは「画面に合わせる」が選択されています。
「スライドのサイズ設定」タブはユーザ設定を選択した後、「幅」「高さ」を指定してください。

■EXCELの設定画面

EXCELは任意のサイズの設定ができません。
サイズ指定が難しいかと思いますので、弊社テンプレートを使用してください。
→テンプレート一覧へ

5.塗り足しについて

フチ無し印刷をご希望される場合は、塗り足しを考慮してデータを作成する必要があります。
塗り足しの設定がされていない場合、周囲に細く白い部分が出る可能性があります。
EXCELの場合、塗り足しを考慮して作成することが非常に困難なため他のOfficeソフトをおすすめしております。

塗り足しを設定したい方

「ファイル」メニューの「ページ設定」で、ご希望の仕上がりサイズより6mm大きいサイズ(97mmx61mm)で設定を行います。
背景となる画像やオブジェクトなどは端に白が出ないように端まで伸ばします。
切れては困るオブジェクトは、データの端から5~6mm内側へ配置します。

6.配置画像の解像度について

配置画像の解像度は配置サイズで300dpi 程度以上になるようにしてください。

Webページで使用されている画像、OfficeのクリップアートのうちGIFやJPEGのもの(WMF形式はパスオブジェクトです)などは印刷用途に向かないものです。

解像度不足だと、ぼやけて印刷されたり、写真のピクセルが見えるような状態で印刷されたりします。

強制的に解像度を高めても画質は良くはなりません。

また、デジカメで撮影されたもの、スキャナで取り込まれたものであっても、その画像が色調・明度等問題があったとしても、当方でそれを調整する作業は行いませんので、画像は最適なものを選ぶか、調整するなどして配置してください。

なお、リンク配置された画像の場合は、元画像も送っていただく必要がありますので、ご注意下さい。

7.画像の配置(挿入)について

図柄・写真を挿入される場合、メニューの「挿入」→「図」→「ファイルから」をお選びください。

透明を含んだ状態の画像(背景が透ける様な画像)はうまく変換することが出来ません。ギザギザが目立つ様になり粗く見えます。

デジタルカメラ等の画像は解像度が72dpiが多いため、印刷品質の300~350dpiを再現する為には、大きめの画像を用意し、挿入した後で縮小する方法があります。

もともと、高解像度のデータを挿入した際はそのままで問題ありません。

画面上で100%の表示で粗く見えている画像を回転させると正しく変換することが出来ません。

8.書式設定について(色・線・透過性)

オートシェイプの書式設定等で 「透過性」を指示する事はしないでください。
また、影を付けるための「影の設定」も同様です。
家庭用のインクジェットプリンタ等では再現できても、印刷の場合は、表現されません。
「塗りつぶし効果」の「パターン」も画面表示と異なる場合がありますのでおすすめできません。
「パターン」と「透過性」を同時に利用した場合、エラーで変換できないことがあります。
「グラデーション」と「透過性」を同時に利用した場合、「透過性」が無視される場合があります。

例)透明を指定せず薄い色を表現したい場合
  • 1.薄い色を表現したいときは、「透過性」を「0%」にし、「色」を選ぶ時に「その他の色」を選択します。
  • 2.色の設定で「ユーザ設定」タブをクリックし、右側のスライダを使用して薄い色を設定します。影の設定をする場合も、同じ方法で行います。

9.背景色の設定について

Office系アプリケーションで背面に色を付ける場合、「オートシェイプ」の「四角形」や「楕円」などで色を指定した後で、作成した「オートシェイプ」を右クリックし、「順序」、「テキストの背面へ移動」で一番背面へ配置します。

  • ※「書式」→「背景」→「塗りつぶし効果」で設定された場合、印刷には反映されず、 白になってしまいます。
  • ※「書式」→「テーマ」で設定された背景も印刷には反映されません。予めご了承願います。

10.EXCELデータの体裁崩れについて

EXCELは体裁の崩れが非常におきやすいソフトとなります。表示のパーセントを変えただけでもズレる事があります。
当社でOffice変換する際は印刷から行うため、「ファイル」メニューの「印刷プレビュー」でご確認いただくことをお願いします。
「印刷プレビュー」と画面の表示が異なることがあります。
この時は、文字を小さくしたり、表の幅を広げたりデータを修正し、「印刷プレビュー」したときにズレがないように修正します。

11.出力時に起こりうる体裁崩れについて

変換結果がイメージ通りにならないことがあります。

  • ※ワードアートは表現方法が変化することがあります。
  • ※点線の幅が変化することがあります。
  • ※RGBからCMYKに変換するため色が変わってしまいします。
  • ※0.25pt未満の細い線は使用しないでください。線がかすれて表現ができなくなる可能性があります。
  • ※線の色の設定で「パターン」をご使用になられた場合、線が消えてしまう危険性がございますのでご使用しないでください。

12.その他、装飾系機能について

Office系アプリケーションには様々な修飾機能がございます。
テクスチャ・パターン・透明効果等、修飾系機能の中には機能自体が無効になったりイメージが大幅に変わる恐れがございます。

  • ※修飾系機能をご使用の際は、当社よりアップするプレビューをよくご確認くださいますようお願いいたします。